読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live My Life.PRJ@西島ブログ。

Live my Life、すなわちジブンのジンセイ生きましょうよ!なブログです。衣食住・美容健康・学生支援・地方創生についてボチボチ考えつつ、日常の様子も綴っていきます。ただの半雑記です。あしからず。

~michiru haga~ママチャリの旅人

 こんにちは、西島(ニシジマ)です。

 昨夜は、大学絡まりの後輩2名と恵比寿で飲みました。一人は、大学卒業後に専門学校入学の為に上京、将来は国内外有名チーム・クラブに帯同するアスレチックトレーナーを目指しつつ、浦安で鉄筋工のバイト(嘘)をしている(ナカケン)君。22歳とは思えない落ち着きがありつつも、その眼差しは情熱的なものを感じましたね。実はまだ会うのが2回目で、ほぼお互い面識がない状況でしたが同じ大学出身なので色々と話題は尽きませんでした。笑 今後ともよろしく、バリバリいきましょう。

f:id:taisukenosuke:20160424232616j:image

 もう一人は、2学年下の後輩で在学時代から比較的ディープな関係だった芳賀 海(ハガミチル)君。「やんちゃ」という言葉が当てはまるであろうが、それ以上のものを感じます。とにかく目立つタイプの後輩でしたので、語るには話題が多すぎるため最近の彼の活動をわかる範囲で紹介したいと思います。

 

 まず、彼の2015年度のジョブですが、知る人ぞ知るあの有名な団体「伊達武将隊」の一員として、宮城のPR活動に努めていたようです。ごめんなさい、これ以上は特に情報がありませんが、とにかく思い立ったらまずやる!ができる行動力に溢れた人物であり、エキセントリックな一面も持ち合わせていることはわかります。

f:id:taisukenosuke:20160424232713j:image


f:id:taisukenosuke:20160426153225j:image
  そんな彼ですが、26年間の人生の道中でポテンシャルをいかんなく発揮してここまで来たのであろうと思いますが、ついにハンパじゃないバイタリティを目の当たりにすることになります。正直半信半疑だったのですが、なんと彼がママチャリ1台で仙台ー東京間を4日間かけて参りました。笑 おとといの夜に彼から「着きました!」とメッセージをもらい、翌日食事の打診を受け勿論即決致しました。

f:id:taisukenosuke:20160424232749j:image


f:id:taisukenosuke:20160424232812j:image

 東京にきてまだ1週間くらいなので、先輩らしくオススメの店へエスコートなんていうカッコイイ感じにはできないので、以前友達に連れて行ってもらった恵比寿横丁のお店を予約し向かうことに。久しぶりのため積もる話もある中で到着、まずはカンパイっ!!

f:id:taisukenosuke:20160424232846j:image

 ほろ酔いになりつつ、彼に今回の殻破り企画について話を伺いました。まずは福島の国見あたりが最高にキツいこと、シャワーも浴びれない日があったこと、カラダのコンディションが悪化しサポーターを購入しなんとか続行したこと、日に照らされた為前髪の生え際を火傷しパンツを被って走行したこと、東京タワーの感動レベルがハンパじゃないこと等等、相当な精神力を持って辿りついたことがわかりました。なにより、片膝の関節炎が重症ななか語ってくれている彼の表情からは、達成感や満足感が伝わってきました。まだまだ余裕すら感じさせるような立ち振る舞いやライフスタイル・モノの考え方は、ボクの中にあるつまらない考え方やプリンシプルに間違いなく最高なエッセンスになったとともに、最大の賛辞・感謝の気持ちを送りたいと思います。ありがとう!ド変態!笑

f:id:taisukenosuke:20160424232956j:image

 そして今日、彼の粋な計らいでその伝説ともいうべきママチャリを譲り受けることに。朝8時半に浦安を出発、小雨の降るなか道に迷いながらも2時間半かけて中目黒まで来てくれました。ママチャリの旅の最終地点を中目黒にさせてしまいましたが、彼のチャレンジの最後に立ち会えたことは本当に良かったと思います。その後2人で駅裏の人気のつけ麺屋さんで食事をし、「幸せの青いチャリ」をボクに託し、チャリに別れを告げて彼は横浜方面へと向かいました。

f:id:taisukenosuke:20160424233015j:image
f:id:taisukenosuke:20160424233028j:image
f:id:taisukenosuke:20160424233040j:image

 この度、改めて気付かされたのは、身近な人間にほどまだまだ見えていない魅力であったり表情があるのだなということです。友達や先輩、後輩に至るまで年齢や学年は関係なく、目の前の人がやってきたことや今トライしていること、夢や目標・アイデンティティなども含めて、考え方の好き嫌いをせず柔軟に取り入れることに注力することがクリーンで有意義なことだなと。変なヒエラルキーとか意識せずに交われる関係性が生むものは多いと感じます。まぁ、そういう身近な人間とのやり取りに意味を感じず説教垂れてくる方がいるのもまた事実なので、気を付けなければいけませんが。

 何はともあれ、今回の彼の行動に勇気づけられたり感動したり、あっ今自分の考え方狭いなとか、アイツがやってんだから負けてられないね、とか、そういった良い影響が120%あると思った出来事でしたので、広めたい・記念にしたい又は、熊本地震もまだ予断を許さない状況なので、前向きな行動をシェアしたいと思いブログにしました。一先ず、彼が次東京にきたときのためにママチャリは大事にしておきます。

you made my dayーこの言葉を彼に送りたいと思います。とりあえず気を付けて帰ってくれ。マタ逢ウ日マデ! by junya nishijima